WhyWhyなんでブログ

思わず笑っちゃう人生でありたい。笑える明日を、今日取り戻そう。

カテゴリ: 架空のお悩み相談


こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうはなんと、、、

なんと、、、

初お客様からのお悩み相談です!!!!!!!

 一大事です!一大事ですよ奥さん!

IMG_3844


これはふぁーこのよろこびの舞を踊っている場合ではありません!

とにかく、同じチームのKさんからなんとも回答しがいのあるお悩みを頂戴いたしましたので

いままで以上に全力でお答えしたいとおもいます!

その前に、お悩みをくれたKさんは

さすがライター!というくらい文章の構成がわかりやすく

ブログを読むたびにわたしの頭の中を年末の大掃除くらいキレイにしてくれるのです。

いや、大掃除じゃないか、

むしろ相撲部屋のちゃんこ鍋くらい毎回キレイにしてくれるのです!

話していてもとっても理解力があって、わたしよりもその人のこと知ってる?というくらい

ちゃんとわかってくれて、なにより「お告げ系」の回答がとっても爽快です!

ぜひみなさんも何かに迷ったときや、こんなときってどういうとき?など

彷徨える子羊になったときはKさんという魔女部屋へおこしください!

きっとグサッと刺さるようなアドバイスをしたあとでグツグツ煮込んでおいたスープでも提供してくれるような

ツンデレぶりも堪能できるでしょう!(言いたい放題←)

とにかく、だいすきなKさんの「お部屋」をぜひ見に行ってみてくださーい!

それでは、さっそくお悩みにいきましょう!


○○○○○○○○○○○○○


初投稿です。

私はイケメンが苦手です。

テレビでイケメン鑑賞するのは、大好きですが、リアルイケメンは「女性を大切にしなさそう」と思い、嫌悪感を抱きます。

思えば、私の父もそこそこイケメンですが、性格は最悪です。

できればイケメンと仲良く話し、苦手意識をなくしたいです。

どうすればいいでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うわーむずかしいな~!!

いつもわたしが答える話がレベル15くらいだとしたらレベル83くらいになってませんか?

いや、それはそれでいままでの架空ちゃんたちに失礼だな。

すみません!

IMG_3845


それで、「イケメンは「女性を大切にしなさそう」と思い、嫌悪感を抱いてしまう」んですね。

それから「父もそこそこイケメンですが、性格は最悪」だということですね。

この話だけだと、わたしの中では嫌悪感をいだいてしまう原因が何個かあるかな~と思うのですが、

まず、

・お父さんがイケメンで、自分が大切にされた記憶がない場合

・お父さんがイケメンで、自分のことをあまり褒めない場合

・お父さんがイケメンで、自分と誰かを比べてなにか言ってくる場合

・お父さんがイケメンで、お母さん以外に浮気相手がいたり、女クセが悪い場合

・お父さんがイケメンで、男尊女卑の家庭で育っていたとき

・お父さんがイケメンで、ラーメン・つけめんが嫌いな場合(あ、まちがえた)

IMG_3849


とりあえず、可能性的にはこんな感じが思い浮かんだのですが、

なにか当てはまることはありますか?

もし、上記に当てはまらなかった場合、

「お父さん」というところを「歴代の彼氏」や「一番好きになったひと」などに

変えて考えてみてくださいね。

もし当てはまるとしたら、

「お父さん(好きな人)は、自分を大切にしてくれなかった。」

IMG_3846


という傷がココロのどこかにできて、

そのときにやさしいKさんは

「自分が絶世の美女じゃないから大切にされないのかな」とか

「自分が悪いから褒めてくれないのかな」とか

「自分がよくないから他の人に勝てないのかな」とか

「お母さんでも大切にされないってことは自分も大切にされないはずだ」とか

自分のことを責めたり否定したり、罪悪感を感じたりするとおもうんですね。(無意識にでも)

そうすると、

Kさんは自分のことを

「大切にされる存在じゃないんだ」とか

「自分が思うイケメン(お父さんや好きな顔の人)にはどうせ否定される」とか

そういう意識ができるので

「お父さん(好きな人)がわたしを大切にしなかった=イケメンは女性を大切にしない」

という方程式のように、

Kさんが傷ついていた分だけ、無意識に自分がさらに傷つかない防衛として

「もうこう思っていれば傷つくことはないぞ」という考えができるのだと思うのです。

IMG_3847


そして、その自分の思いが正しいことを証明しようとして、

そういう現実をつくりだすのではないかと思うんですね。

ほんとうはお父さん(好きな人)に

「一番好きでいてほしい」し

「一番褒めてほしい」し

「一番理解してほしい」し

「一番大切にされたい」という自分がいるので

イケメンに目がいくのではないかと思うのです。

Kさんの中のイケメン=誰なのか?

文章からだと第一に思い浮かぶのはお父さんなのかなと思うのですが

イケメンといってもKさんが思うイケメンとふぁーこが思うイケメンはちがうと思うんですね。

そして、そのイケメンたちを変えるのは大変なので

Kさんのココロを変えちゃえば、

イケメンだろうがつけめんだろうが冷やし中華だろうが

「イケメンにもいろいろいるんだ」とわかって

自分が好きな人は好き、嫌いな人は嫌いと認められれば

楽になれると思うんですね。

長々と話してきましたが、

やっぱりKさん自己肯定感をサクッとカリッと揚げちゃいましょう!

じゃなくて上げちゃいましょう!ということです。

やっぱりそれかよ、と落胆されたかもしれないのですが

肯定するってことは

・イケメンが苦手な自分を「それもわたしだよね」と肯定する

・テレビでイケメン鑑賞するのは、大好きな自分を「やっぱり目の保養だから目がいくのは仕方ないよね」と肯定する

・リアルイケメンは「女性を大切にしなさそう」と思い、嫌悪感を抱く自分を「そうそう、いまは大切にしなさそうって思う自分なんだよね」と肯定する

・父もそこそこイケメンですが、性格は最悪と思う自分を「ねー、そう思わざる得ないよね。娘だけあっていろいろ知ってるしね」と肯定する

・できればイケメンと仲良く話し、苦手意識をなくしたい自分を「やっぱ仲よくしたいよね~、そう素直に思えるだけエライよね~」と自分を肯定する

・どうすればいいでしょうか?と言って相談してみようと行動した「自分エライな~わからないから悩むよね~」と肯定する

とにかくなんでも肯定しちゃってみるんです。

そうすると、自分を一番大切にしている(肯定している)のは自分なので

「自分は大切にされる存在だ。だって自分がこんなにどんな自分も肯定して大切にしているんだから」

という思いができて、

他の人(お父さんや好きな人)から影響をうけにくくなると思います。

そして、イケメンとうまく話せなかったり攻撃的なことを言ってしまっても

「話そうとしてみた自分エライ。攻撃的なこと言って凹んでる自分もかわいい。だってそれがわたしだもんね」

IMG_3848


と肯定していれば、イケメンを苦手だと思う自分もそのうち肯定できて

いずれは「あれ?苦手だと思ってたのに話したり目を合わせたりふつうに接してるかも」

IMG_3850


なんてことになってると思います!

そうなればもうこっちのもの!

イケメンだろうがなんだろうが自分を肯定した分だけ

大切にされる自分になりますよ~!

イケメンと「うっふんあっはん」してるKさんを見るの、たのしみにしてますね~!


○○○○○○○○○○○○



あれ?

これってなんかわたしの問題でもあるような?

イケメンへの偏見(会話がつまらないとか中身がともなってないとか)

そういう意識をはずすいい相談でした!

Kさん、ほんとうにありがとうございます!!!

イケメンって言ってもわたしの思うイケメンの有名人(顔だけ)ってなんか出てこないんですよね。

べつに彼がこれ読んでるから言ってるんじゃないですよ。

・・・決してないですよ?

男の人は顔というよりいっしょにいておもしろい人や尊敬できる人がいいので

そういう彼を選んだ自分に乾杯(よし、まとまった)

それではきょうも、離れたところから投げたゴミがきれいにゴミ箱に入ったときのようないい夢をみましょう~!


こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうはお弟子さん制度のKさんと電話セッションをしましたよ~!

Kさんはとってもわたしの話の要点をおさえて聞いてくれるのが上手で

伝わってるかな?言ってることなんかグチャグチャだけどわかるかな?

と思ってもちゃんと大事なところを理解してくれて

「要はこうだよね」と言いたかったことをズバリ導きだしてくれるのです!

そして「お告げ系」としても「ええーそうくるかー!」と思わせてくれて

とってもたのしいセッションでした!

話せてスッキリしたな~!

またこのあとHちゃんと話すのでそれもすごくたのしみです!

それではきょうも架空のお悩み相談いきましょう!
(悩みは彼が創作してくれたおはなしです)


○○○○○○○○○○○○

女性 35歳 R.Mのおなやみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは子供の頃から好き嫌いが多く、毎日ほぼ同じものを食べています。

それでもこの年令まで健康に育ちましたし、食に関する不満はございません。

しかし、友人や仕事関係の人たちは、私の粗食ぶりを知って心配し、忠告をしようとしてきます。

はっきりいって大きなお世話なのですが、邪険にすることもできず、わかったようなふりをしてやりすごしています。

でも正直、本当にうざいです。どうすればよろしいでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Rさんこんばんは~!

健康ってすばらしいことですよね~。

IMG_3804


世間では健康法とかいろいろやってますけど、

そんなの「その人」には合ってただけで

みんなに合う健康法なんてないですもんね~。

それにRさんがいうとおり「好き嫌いなくいろんなものを食べなきゃいけない」なんて

ほんと大きなお世話というか

「いい人」の押し売りというか

「心配したり忠告する自分」でいたい人ですから

なにも気にすることはありません。

でも、そういう人を気にしてしまう時点で

もしかしたらRさんの中にも「好き嫌いが多い自分」を

どこかでダメだと思ってる自分がいるのかもしれませんね。

もし、Rさんが自信満々に

「わたしはもうコッペパンしか食べません!だってそれが世界一好きなのだから!」

IMG_3806


といって本当に好きそうにしていたり、

たまにチャレンジ精神で他のものを食べてみるけどやっぱりダメで

「やっぱりわたしはコッペパンなのよね」と自分で自分を認めてあげていればいいのですが

「いろんなものを食べないわたしは悪い」とか

「好き嫌いがあるわたしは悪い」とか

自分の中に罪悪感があったりすると

そういう「忠告してくる人」にたいしても

「わかってるよ!自分でも!」とさらに自分の罪悪感が触発されてしまうのではないかなと思うんですね。

IMG_3805


だから、Rさんにはもっともっと「自分の好きな食べ物」や「これしか食べたくない」という

思いを強くして、それが毎日食べられるしあわせに浸っていればいいのではないかとおもうのです。

戦時中は戦況が悪くなると

白米のようないいお米はなかなか食べられない家庭が多く、

サツマイモやカボチャ、小麦粉ですいとんなどわずかな材料だけが

食べられるものだったようですね。

そんな時代から一転、好きなものを好きな分だけ食べられるのですから

Rさんがなにを好きなだけ食べてもいいのです!

そしてそれが一種類のものをずっと食べ続けようが

いろんなものを食べようがそんなの他の人には関係ありません!

それに、もしRさんのお宅にお邪魔したり、

なにかのお祝いで差し上げるものを考えるときに

Rさんの好きなものがわかっていたほうがこちらも選びやすいですしね!

IMG_3807


ですから、これからもどんどん自分が食べたいものを食べ続けて

なにを言われても「だってわたしはコッペパンがすきなんだもん!」

と胸を張って言えるようになるといいですね。

そしたらそんな堂々とした姿に押されて

他のひとも「ま、Rさんがいいならいいか」と

言ってくれるのではないでしょうか。

そして、Rさん自身がそんな人たちのことを気にならなくなると思います!

こんどなんのコッペパンがすきか、教えてくださいね!(コッペパンがすきとは言ってないけど)

ふぁーこより


○○○○○○○○○○○○


わたしは好き嫌いがそんなにないですが

食べることがだいすきなので

Rさんみたいな方を見ると「もったいないな~」

なんて勝手に思ってしまいますけど

でもRさんみたいな方ならそのRさんのすきな食べ物がおいしく食べれるところを教えてもらえたり

おいしいつくり方(知らないつくり方)とかを教えてくれるかもしれないので

それもいいな~とおもいます!

ま、すきならすきで突き進むのみ!だと思うので

どんどん好きなものをすきなぶんだけ食べてほしいな~とおもいます!

それではきょうも、靴下を裏返しに履いてたけど逆にいい感じのセンスに見られたときのようないい夢をみましょう~!




こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうはまたフシギなおなやみがきましたので、

はりきってお答えしたいとおもいます!

(悩みはすべて彼が創作してくれた悩みです)


○○○○○○○○○○○○

 75歳 女性 Z氏よりおなやみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世の中はずいぶん進化したように思います。

電話はコードレスになり、どこでも通話ができるようになりました。

お店では現金を持っていなくても、キャッシュレスで買い物ができます。

飛行機に乗るときもチケットレスになりました。

しかし、時代が進化しても変わらないのは、私の腰痛です。

最近では布団の下に、硬めのマットレスを敷いて寝る習慣があります。

…実は私は、マットレスの存在が怖いのです。

コードレス、キャッシュレス、チケットレス、マットレス…。「レス」のはずなのに、私の腰を支えている、マットレス。

存在していないはずなのに、写真や映像で捉えられているUFOのように、私の心の中を惑わせるのです。

私はマットレスとどのように向き合えばよろしいでしょうか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Zさんこんばんは!

いや~またカウンセラー泣かせのお悩みですね。

なんでこういう個性的な発想ができるんでしょうか。

いや、でもキライじゃないです、むしろうらやましいくらいです。こういうの。

Zさんの腰がすこしでもよくなるように、はりきってお答えしたいとおもいます!

IMG_3798


さあ、それでは本題ですけれども。

マットレスが怖いというのはなんとも困ったものですよね。

腰は痛いしマットレスがないと悪化するけど

マットレスの存在はUFOみたいで怖いと。

IMG_3799


そうですね~、どうしたらいいもんだろうか?

わたしとしては、

「マットレス」を「レス」と思わずに

「腰の座布団」と思うことができればいいのかなあと思うんですが

そんな単純なはなしではないんでしょうか?

IMG_3800


もしかして「レス」というものにとり憑かれてしまっているのかもしれませんね。

そもそも、マットレスってどういう由来なんでしょうか?

よく調べてみると、「レス」というのは英語だと「less」と「ress」があって

「less」は「~のない」という意味ですが

「ress」はラテン語が由来で「導く」や「まっすぐな」という意味だそうです。

「マットレス」は「mattress」と書くので

ラテン語由来のほうですね。

そうすると、「導く・まっすぐな」という意味などをもちますので、

「腰を正しい位置にまっすぐ導く」という捉え方もできるんではないでしょうか?

え?それでもまだ怖い?

うーん、そしたらですね、

「存在していないはずの「UFO」はほんとうに怖いのか?」

「存在していないものはなんでわたしを惑わせるのか?」

とじぶんの中にある「恐れ」についてもう一度よく考えてみるのもいいのかなと思うんですね。

IMG_3801


たとえば、わたしは「バンジージャンプ」や「スカイダイビング」のようなことが恐くないしやってみたいけど

わたしの彼はニガテです。

理由は「恐い」からだそうです。

でも、「恐れ」というのは「自己防衛」の感情ですから、

「恐れ」をもつのは「自分を大切にしようとしてる」ともとれますよね。

そこで、Zさんは自分をどう大切にしたいんでしょう?

「恐れ」がある自分もいいし「恐れ」がない自分でもいいけど

その「恐れ」のせいで自分がしたいことができなくなったり

ありのままの自分でいられなくなったりするのであれば

「恐れ」は手放してしまったほうが楽になれるんじゃないのかなあと思うのです。

そして「恐れ」は自分を守ろうとしてできる自然な感情ですから

あって悪いわけじゃないけど、自分が恐れを手放して自由になれると思えば

手放すのも悪くないかなと思えるとおもいます。

すぐには手放せないかもしれないですが、

こんなある意味最先端の発想ができるZさんなら「手放し」もスルッとできるのではないかなあとおもいます。

ちなみに、恐れは自分が知らないことや、自分では理解できていないことや、自分の危機を感じたときに出てくる感情なので

まずは「自分の中にある恐れの正体を知る」ことが大切かなあと思います。

その恐れは自分にとって不必要なものなのか?

自分が自分らしくいるために手放したほうがいいのか?

もし手放したほうがいいなら、

その「恐れ」が自分にどういう影響をあたえるのか、

それはどうしてなのか?

それが自分をどういう感情にさせるのか?

そして「わたしにはもう必要ないのでそのときの感情を手放します」と自分に言います。

IMG_3802


何度も何度も「そのときの感情は解放します。手放します」と言って

手放しがすすむと

「あれ?そこまで恐くない・・・?べつに恐いときは恐いままでもいいか」

なんてふうに思えてくるとおもいます。

そうなればもうこっちのものです!

「恐れ」に支配されるわたしではなく、

「恐れ」を支配するわたし

になれます。

IMG_3803


「恐れ」を感じたほうがいいときは恐れを感じて

「恐れ」がいらないときは感じないように(もはや感じない)

自分でコントロールできます。

「恐れ」すら手なずけたらもうそれこそ「こわいものなし!」ですよね。

Zさんならきっとスルっとできると思います!

こんどまた腰の調子も聞かせてくださいね!(エロい意味ではなく)

ふぁーこより


○○○○○○○○○○○○


うーん、75歳って見たときに笑ってしまった!笑

相談してきてくれたらめちゃくちゃうれしいけど、

もはや自分のおばあちゃんだと思って答えてました笑

彼の発想力もすごいし

いつもより気が抜けていいなあ~なんて

思ってますが

実際に相談されたらこんなふうに言えるかなあ~

もっとわたしの自由ブロックをはずしとかないとな~

と勉強になりました笑

それではきょうも、八百屋に行ったらおまけでみかんがもらえたときのようないい夢をみましょう~!


こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうはまた独特な個性のあるお悩みです!(彼が創作したお悩みです) 

それではどうぞ!


○○○○○○○○○○○


21歳 女性 D美さんからのお悩み。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は水族館が不思議で、ちょっと苦手です。

以前住んでいたマンションは、広い街道沿いにあったのですが、夏のはじめになると、蝉の鳴き声よりもちょっと早めのタイミングで、暴走族が大きな音を出して走行し始めるんです。

それがとてもうるさいのですが、彼らの心情を思うとどことなくせつない気持ちにもなってしまいました。

そんな「暴走族」と、「水族」を連想してしまうのです。

海や川にいる生き物たちを「水族」と呼ぶことに違和感を感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

D美さんこんばんは!

そんな発想なかったので、またとても詩的な発想でステキですね~!

そして文章が小説のようでなんかドキドキします~!

話し違いますけど、なんかD美さん小説お書きになってます?

読んでみたいな~!

IMG_3792


さ、それでは本題ですね。

ちなみに、D美さんは水族館がニガテだということで、なにか支障があったり困るようなことがあったりするんでしょうか?

もしなかったら、「そのまま水族館いかずに、水族って呼ばないで魚類館とかさかなの館(やかた)とか名前作っちゃいませんか?」

IMG_3793


といえるんですけど、もし困るようなことがあるのであれば、

それはどんなことなのかなあと思うんですね。

「暴走族」の彼に恋してて「水族館」を思い出しちゃう

とか

「魚」に族ってつけるのは失礼じゃないかと考えすぎて眠れない

とか。

そうだとしたら大変ですよね。一大事ですよね。

でも、考えてみると

「家族」も族だし、「王族」も族だし、中央線沿いによくある「鳥貴族」も族なんですよね~。

IMG_3794


族って、つくとおおげさに聞こえるようですけど、

空気を吸ってるわたしたちは「空気族」ですし、

血が身体をかけめぐっているわたしたちは「血族」ともいえますよね。

言い方なんて、伝わるか伝わらないかの違いですから、

なんでもいいと思うんですよね。

大事なのは、D美さんがどう感じて、どう受けとるのかだとおもいます。

だから、D美さんの言うとおり「水族館」を「水族館」と呼ばなければ「暴走族」を思い出さずに切ないおもいをしないならそれでいいし、

「暴走族」と「水族館」を無理やり好きになる必要もないので

なんか苦手だな~。わたしって、こういうのがニガテなんだなあ。

と自分のことを1つ理解できたということでそのまま放置でもいいんじゃないかなあとおもうんですね。

もし、「水族館」をニガテだとなにか困るようなことがあったときは、

あそこは「水族館」ではない、「水を必要とする生き物のストリップショー」だ

とかD美さんならではの詩的な発想で

イメージを描いてみるのもいいのかなあとおもいます。

IMG_3795


いまは「水族館」=「暴走族」というすこしせつないイメージになっているのかもしれませんが

「水の劇場」とか思えばすこしはイメージが変わったりするんじゃないかなあとおもうんですね。

だから、ニガテな意識を変えたいっておもったときは

D美さんの得意な詩的な発想をフル発揮してイメージチェンジさせちゃいましょう。

そしたら、ニガテだったのにいまは好きになってる!

なんて逆転現象がおこるかもしれませんよ!

D美さんのそのステキな発想はまた誰かのチカラになりますから

よければまた聞かせてくださいね!

たのしみにしています!

ふぁーこより

○○○○○○○○○○○○



おもしろい悩みとかない?って言ったら彼らしい宇宙のような話をつくってくれました笑

いずれ、わたしも大きな水槽の前で魚たちに囲まれてセミナーができたらいいなあ!

そんな希望をもちながら回答していました。

それではきょうも、湿ったマッチで火がおこせたときのようないい夢をみましょう~!




こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうは、わたしでいいの?みたいな悩みに回答してみたいとおもいます!

(この悩みはすべて彼が創作したおはなしです)


○○○○○○○○○○○


45歳 女性 S.Hさんからのおなやみ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私には小学生の娘がいますが、娘のことを心から好きになれずに悩んでいます。

まだ子供ですから、すべての物事を完璧にできないことは当然なのに、つい激しく叱責してしまうのです。

私自身、子供の頃から母親に怒鳴られたり、ひどい言葉を言われたり、ときには叩かれる毎日だったので、こんなふうになってしまう自分が本当に嫌で、悲しくなってしまいます。

娘も寂しそうな目で私を見てくるのですが、そんな態度にまた腹を立ててしまいます。

このままでは手を上げてしまう日がくるかもしれません。

児童虐待のニュースを見るたびに、自分ごとのようにビクビクとしてしまいます。

娘に優しく接することができるために、どうすればよいのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sさん、こんばんは!

わたしには子どもがいないですが、

わたしが言っても大丈夫ですか?笑

IMG_3784


子どものいないあんたなんかにわからないでしょ!と怒られてしまうことも

あるかもしれませんが、わたしなりにHさんのはなしを聞いておもったことを

伝えさせていただきますね!

まず、Hさんってすごーーーくやさしいんですね。

「子どものことを心から好きになれない」→「子どものことを好きでいなきゃいけないわけじゃないのに悩んでくれてる」

「完璧にできないことは当然なのに」→「完ぺきにできないことをわかってあげてる」

「激しく叱責してしまう」→「激しく叱責する自分を責めるくらい、子どもにやさしくしたい気持ちがある」

「子供の頃から母親に怒鳴られたり、ひどい言葉を言われたり、ときには叩かれる毎日だったので、こんなふうになってしまう自分が本当に嫌」→「自分が感じた思いを子どもにはさせたくないというやさしさがある」

「娘も寂しそうな目で私を見てくるのですが」→「娘さんのことをよく見てあげている」

ぜーんぶ、Hさんのいいところですよね。

もちろん、Hさん自身が自分を責めているときって

こういうことをわたしからお伝えしても受とれないかもしれないんですが、

わたしはすごくHさんやさしい方なんだなあとおもいましたよ。

IMG_3785


「激しく叱責する」ことがほんとうにお子さんにとってよくないことなのか?

そんなの親にはわからないし、いずれかそれでよかったと言ってもらえることだって

あるんじゃないかなと思うんです。

でも、わたしが思う子どもが一番悲しいことって

お母さん、お父さんが悲しそうな顔してたり、たのしそうな顔をしていないときなんですよね。

IMG_3786


もちろん子どもだからそばにいてほしいし一緒にいたい気持ちがあるけど、

お母さんが笑ってくれるなら、たのしそうにしてくれるなら、

ある程度距離感をもっても子どもって大丈夫だとおもうんです。

だから、Hさんにはいま「子どもを好きでいなきゃ」という思いや

「怒ってはいけない」という思いがあるかもしれないんですが

わたしは

「そんなHさんでも、いいじゃないですか。子どもさんからしたら、怒っててもお母さんはお母さんで変わらないし、母親っていうのは神様じゃないんだから完ぺきなんてない。でも、お母さんが笑ってたり、うれしそうな顔してくれてるだけで、子どもは安心できるので、HさんがHさん自身を喜ばせてあげる時間をつくりませんか」

と言いたいです。

もしかしたら、HさんはまだHさんのお母さんから言われたり怒られて手を上げられたときの思いが強くて

そのときとっても悲しくてつらくて、さみしくて、でもそれも言えなかった自分と、悲しい思いをさせたお母さんを許せないでいるのかもしれませんね。

そんなときは、まずはたくさんお母さんへの恨みとつらみを「手紙」にしたり、ノートに書いたりして、思いを感じとって、

「許せない!おかしい!すっごく悲しかった!こわかった!なにもわかってくれなかった!どうして手をあげるの。わたしはどうすればよかったの。いい子になんてなれない!わからない!」

IMG_3788


と思ったことをぜーんぶ出し切っちゃいましょう。

そのとき、すっごく嫌な気もちになったり、またそのころを思い出して悲しい気持ちになるかもしれません。

でも、それはHさんがそのとき置いてきた感情を、もう一度拾いあつめて、

自分の心のパズルのピースを埋める作業なので、心をとり戻す前進をしている証拠です!

IMG_3787


たくさん怒りや悲しみ、不安も出してすこしスッキリしたら、

「こんな思い出すのツライのにこんなことやってエライ!」

と自分を褒めてあげてくださいね。

心がまだ不安定で、悲しくなることもあるかもしれないので、

ムリせず、「わたしえらいわ~。えらいから今日のごはんは惣菜にしよ~」

みたいな感じであんまり思いつめないように、「エライエライ」とよく心でつぶやいてみてください。

IMG_3789


それから、たとえば寿司職人の子どもって、

親が真剣でその仕事を本当に好きそうに仕事してるときは

さみしいし一緒に遊びたいし、ずっとそばにいたいけど

親のたのしそうな、活き活きしてる姿をみて

なんか安心感もおぼえていると思うんです。

だから、Hさんにも仕事じゃなくても好きなことをする時間を少しでもつくってほしいな~とおもうのです。

「すきなチロルチョコを味わって食べる時間」

とか

「週に一度は好きなだけ寝る券をつくって家族に渡して寝る」

とか

「ともだちとすきなアーティストのライブに行く」

とか

「髪を切ったりエステでゆっくりする時間」

とか。

なんでもいいと思うんです。

そうした自分のすきなことをしてるHさんを

子どもは見て育ちますから、

べつにHさんが子どものことを好きじゃなくても

Hさんが好きなことしてるだけでお子さんは安心してすごしていられるとおもいますよ。

どんなことがあっても、「親だからこうしなきゃいけない」とか「子どもにはこうすべき」とか

そんなのないです。まぼろしです。

IMG_3790


HさんがHさんのまま、すきなことして笑ってくれてるのがいちばんの太陽です。

IMG_3791


どうぞ、Hさんがしたいことをして、笑ってみてくださいね。

ふぁーこもそんなやさしいHさんのようになれるよう、がんばります!

またお便り待ってます!

ふぁーこより

○○○○○○○○○○○


いや~むずかしい!!

ふぁーこのテンションで応えるはなしじゃないような・・・笑

でもお便りくれたのはうれしかったから

がんばって考えてみました!(彼が考えた架空のはなしですが)

とりあえず、また勉強しよ~っと。

それではきょうも、おにぎりがきれいな三角にできたときのようないい夢をみましょう~!


↑このページのトップヘ