みなさんこんにちは!

WhyWhyコーチのふぁーこです。

ネットってすごい便利でいろいろな感情を与えてもらえる半面、1日中ただただ見なくてもいいものを見たり、気づいたら自分の好きでもない人の、自分にとって嫌な感情を湧き上がらせるような情報やサイトを見てしまうこともありますよね。

以前までのわたしは、1日のうちに暇さえあればFacebookのニュースフィードで友達の近況や報告を見たり、SNSのホームに流れてくるみんなのつぶやきやらブログを読み漁っては自分と比較するという時間を過ごしていました。

で、やっぱり自分の本当に好きな人とか、大事にしたい人のつぶやきや文章を読んだときって、そこになにが書かれてても「いいね」って思えるし、私とちがう意見や価値観であっても「私とは違うけど、読めて(知れて)よかった」と思います。

でも、そうじゃない人とか顔見知り程度のあんまり知らない人のつぶやきや出来事も目に入ってしまい、そこで無意識に自分と比較して嫉妬したり、自己嫌悪になったり、焦ったり、無気力になるということを繰り返したりしていました。

「意味がないということは重々わかってるし、できることならやめたい。・・・でもやめられない」

という悪循環の時期でした。

そこには自信のなさ、等身大の自分と向き合うことへの怖れ、存在不安、さみしさ、他人軸、抑圧など、いろんな原因があって、そういうループにハマっていたんだと思います。

でもある時、ゾンビのようにベッドでネットサーフィンをしては他人と自分を比較して自己嫌悪したり自己攻撃していた私に、彼がこういうふうに言ってきました。

「もうつまらないのを見るのやめな。ふぁーこさんはふぁーこさんでしょ。誰がどこでなにを書いていようが、生まれも育ちも生きてく過程も違うんだし、比べようがない。自分が楽しいと思えることだけしていきなさい」

そう言われて、周りを見渡して周りからなにかを得ることで自分を成り立たせようとしていた自分が、自分に目を向けて、自分で自分を幸せにするための行動をしようと思えるようになりました。

「もうSNSでもなんでも、自分で自分を攻撃しちゃうってわかってることはやめよう」

ということで、FacebookもTwitterもInstagramもまずは自分のつぶやきや更新以外は見ないようにしました。

よくあるSNSの「いいね」も、「自分が押して欲しい(肯定してほしい)から」とか、「いいねをして反応しておかないとなんか申し訳ないから」と他人軸でやっていたことをスッパリやめて、「(自分からアクションを起こさなくなったことで)嫌われてもいいし、忘れられてもいい。私がまずやりたいことをやって、大切に思いたい人のことは自分が大切に思っとけばいいだけだし」と、無理にアクションすることも、相手から見返りの反応を期待するのもやめました。

当然、いきなりうまくいくわけなくて、何度か見たくなってまたいろんな人のを見ては自己嫌悪したり、理想通りにできていない自分にイライラして彼に八つ当たりしてしまったり、時間がなにかで埋まっていないことに不安やさみしさを覚えて1日中他人のSNSを見ていたこともあります。

でも、1年近くそういう訓練を繰り返した結果、今のわたしは誰かのつぶやきや出来事を読んで比較したり嫌な気持ちになりそうになったら、すぐに「なんでダラダラと心地よくないものを見て嫌な気持ちにならなきゃいけないの?」と思うことができるようになりました。

それに次ぐ合言葉が、

「私は私を幸せにするので忙しいの!」

です。

私は私を幸せにするので忙しいのに、なんでどんな内容だろうと楽しい気持ちにならないってわかってる人の言葉を見ようとしてるんだろう。

と思うようになりました。

わたしの幸せは、わたししかつくっていけないから、わたしがわたしの気持ちに責任を持つ必要があって、誰よりもまず自分の気持ちに目を向ける必要がある。

誰かの出来事や言葉と比較することは、他人に目が向いていて、自分のココロ(幸せ)に目が向いていない。

誰かに目が行ってるとき、自分のココロは置いてけぼりで、そして自分ではない誰かによって幸せにしてもらおうとしている。

自分の幸せを本気で叶えてあげようと思ったら、自分をもう一人の自分が俯瞰して見たときに、「それは傷つくよ」とか「それは嫌だ」と思うことはやらないであげる代わりに、「楽しい」「うれしい」「心地いい」と思えるほうを選択してあげなきゃいけない。

だから、自分で自分のことを責めてしまう時や、繰り返し比較してしまう行動パターンがあるときは、まず、

「私は私。私の幸せに周りは関係ない。私が私を幸せにする」

と腹をくくった上で、また同じ比較や自己攻撃のパターンにハマりそうになったときは、頭の中で大声で叫んでみてあげるといい。

「私は私を幸せにするので忙しいの!」
31E628A5-4275-4427-B96B-27312199CB26

仕事や会議や飲み会やお出かけや買い物、どんな約束もサボっていいけど、自分を自分で幸せにする約束だけはサボらずにいようぜという、そういうお話でした。

それでは今回もココロノマルシェでのご相談にお答えしましたのでどうぞご視聴くださいませ。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇

「母親との関係について」

まぁさんからのお悩み

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母親に親身に相談に乗ってもらった事や、励ましの言葉を貰ったこと、大丈夫よ。など、背中を押された事等が一切ありません。
否定や注意、些細な事でもヒステリーチックに怒られたり、私がお付き合いする人を詮索し、別れさせるような発言をされ、
私は怒りや絶望感を覚える事が多かったです。

家族っていいなぁ、温かいな、安心するなと
思った事は無く、常に不安で苦痛で、実家に居る頃は、母親の性格が変われば、、もしこの人が母親でなければ、、周囲の友達の母親は優しくて、温かくて羨ましいな。とばかり思いながら過ごしていました。

実家を出て一人暮らしを始めてからも、アレはダメ、コレはダメ、実家に帰ってきなさい。などメール上でも支配されています。私にも否があるのかもしれませんが、私の事を尊重したり、受け入れて貰えた記憶がありません。母親というのはこんな者なんでしょうか。どうすれば母親という存在に悩まず生きていけるのでしょうか。
どうせなら、もう私に関心を向けて欲しくないです。

〇〇〇〇〇〇

まぁさんご相談くださってありがとうございます!

今回は根本裕幸カウンセラーのお弟子仲間である山本春野カウンセラーと2人でご回答させていただきましたので、回答は以下のYoutubeをご覧ください。


ついでに山本春野カウンセラーとは他にもお悩み相談から特に役には立たないテーマなどで動画をアップしておりますので、ぜひ遊びにきてください!



またココロノマルシェでも、私たちのココロのフシギ実験室でもお悩み相談や日常的に疑問に思ったこと、テーマなどを募集しておりますのでいつでもお送りください!

【テーマ・ご質問・ご相談フォーム】

まぁさん、この度はご相談いただきまして、本当にありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それではきょうも、大雨が止んだら牧場の上に虹が2つかかったようないい夢をみましょう~!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
今日のあなたへの占いはこちら↓


ポチッと占う(無料)



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚