こんにちは!

WhyWhyコーチのふぁーこです。

昨日はグルジアで雪が降りました♪(年によるのかもしれませんが、わたしのいる首都トビリシは寒いけど雪はあまり降りません)
IMG_3304
うれしいなぁ~うれしいなぁ~♪

わたしは東京23区育ちなのですが、雪は降っても一年に数回ですよね。

積もるとなるとまたあまりない体験で。

だから雪が降るとテンションがあがってしまいます。

雪だるまつくったり、雪合戦するの、いくつになってもめっちゃ楽しい。
IMG_3305
IMG_3299

さて、この度5年お付き合いしてきました彼と結婚することになりまして・・・うほほ(照)

今回はそのプロポーズ裏をお話したいとおもいます。

〇〇〇〇〇〇〇

「2人で一生いっしょに納豆食べようね」

ことの始まりはなんだったかというと、私と彼のグルジアに滞在できる期限が今月末までにせまってるということでした。

グルジアには12月31日までいられるものの、それが期限なので31日までに一度出国しなければいけないのですが、わたしたちはまたグルジアに戻ってきたいので(現在グルジアへの一般的な再入国は不可)、どうしようかと今後のことについて話していました。

その中でくわしいことは端折りますが、お互いが「独身」「婚約者」という肩書きより「既婚」「夫婦」となったほうがいいんじゃない?という話が出て、「じゃあそうする?」という現実的な事情によって結婚にかたむきました。

実は、わたしとしてはもう結婚しているも同然だとおもっていたし、別に結婚してもしなくても彼と今こうしていられるのがしあわせだからそれでいいとおもっていました。

よくよく考えてみると、わたしの母と父はいつも仲がわるくてぜんぜん会話がなかったり、離婚するまで家庭内別居状態だったので、わたしの中に「彼氏がほしい」という思いは強くても、結婚にたいする憧れや執着は薄いほうだったんだとおもいます。

結婚して手続きやらなんやらかんやら、万が一離婚して手続きやらなんやら、そういうことをすることになるなら、今のままでも事実婚同然でしあわせなんだし、それでいいじゃんとおもっていたし、彼にもそういいうことを話していました。

でも、1つだけ彼には言っていないことがあります。

じつは、10月のわたしの誕生日に彼からもらった手紙で

「僕は、期待しています。ふぁーこさんが感情のコントロールをできるようになることを。もしも、それができるようになったら僕はすぐにプロポーズをするでしょう。本当はとっくに結婚したかったよ」

という言葉をもらいました。

わたしが、誕生日前に精神的に不安定で、怒りを彼にぶつけてしまったり、自分でコントロールしきれなかったことが原因です。

同時に手紙にはそのほかにとても多くの愛と思いやりにあふれる、どうみてもLOVEな文章が書かれていました。

もしもそっちの言葉だけを受けとっていたら気にしなかったとおもうのですが、どうも自分の中には「人を傷つけたりしてしまう罪深いやつだ」という罪悪感があるようで、当時その手紙を読んでまた自分を責めて、気持ちがズンとシーソーにように重くなりました。

手紙もプレゼントもすごくうれしかったし、もちろんしあわせなことには変わりなかったのですが、もう怒りについては小さいころから何度もコントロールしようとしてきたのにも関わらず、そうできない自分がふがいなくて、嫌悪して、そしてどこかで諦めにちかい絶望のような気持ちがあったのです。

だから、はっきり言って「こんなにやってきても(怒りの出し方や捉え方を変えようとしても)ダメだったのだから、もしかしたらこの先わたしと結婚してもらうのは一生難しいかもしれないな」という思いが出てきたんです。

自分でふり返るとすっごくカッコ悪いんですけど、そう思うことで自分の責任を負わないようにしたり、傷つかないようにしたかったんだとおもいます。

でも、そこからいったん冷静になったときに「怒り」の原因を客観的に探ってみることにしました。

そうしたら、わたしがわたしの怒りを嫌っていて、「この汚らわしい怒りで人を傷つける自分は罰せられるにふさわしい」とおもっているから彼の言葉をうけて自ら罰せられに行っていたんだな、ということに気がつきました。

そこでその考えはほんとうにそうなのか?彼に対してほんとうにそういう見方でしか見れないのか?いろいろと考えてみました。

彼はどんなにわたしがワガママを言っても怒りを出しても、グルジアに移住する!って決めても、酔っぱらってゲーゲー吐いても、わたしのことをおもしろがって、心から大切にしてくれている。

そんな人が、わたしを傷つけるためにあの言葉を言うだろうか。

わたしが親や先生、小さいころから言われてきた捉え方を手放そうとせずに、どっかで怒りを出す自分は罰せられるにふさわしいと思ってたから、そう受け取っただけだ。

むしろそう思うことで自分を守り、自分の責任から逃げていたのかもしれない。

親は親だし、彼は彼だし、わたしはわたし。

完璧ではないけれど、完璧でないからわたしたちは支えあうわけで、信じあうわけで、愛し合うわけで、それでいいじゃないか、と。

そう思ったらなんかすごくまた彼に感謝と新しく愛しい気持ちがわいてきて、そんな彼といられる自分のこともちょっと許すことができたんですね。

怒りを感じることはしょうがない、でもせっかく感じるならもっとやりたいことをして怒り以上に楽しくて愛しい感情を感じられるようにすればいいだけだ、と。

そんな流れによって本気のコーチングという考えるだけでわくわくするものにまた出会うことができたのです。


そして先日の冒頭の話に戻りますが、現実的な問題で「籍入れようか」となったわたしたちは「なんか超現実的な理由だね」なんて言いながら、結婚の手続きや出国についてや、家の管理、荷物の整理、航空券やなんやかんやをそれぞれで調べたりしてたんです。

その合間に彼と2人でソファーに座って休んでいたとき、

「2人で一生いっしょに納豆を食べようね」

と彼がさりげなく言ったので、

「・・・え?いまのってプロポーズ?」と聞くと、

彼「うん。僕が大根おろしをおろすから」

私「・・・え、じゃあわたしが一生納豆をつくる!」

ということで世界で唯一の納豆プロポーズをしてもらいました。

実は、「納豆」はグルジアに来る前からグルジアで手に入らないと知っていたので、大豆が見つかったら手作りしようとおもっていたんです。

そして日本から持ってきた納豆菌を使ってこの間わたしが納豆を手作りでつくってみたところ、約1年納豆を食べられてなかったことと手作りの苦労が相まってそれはそれはとてもおいしかったのですが、彼なんかは「涙が出てきた」とほんとうに涙をぬぐうくらい感動してくれたんです。

その納豆を使っていろいろな料理をつくったりするときに、おろし納豆だったり、ツナおろし納豆だったり、卵おろし納豆だったり、大根をすりおろすことも多くて、大根をおろすのは必ず彼が手伝ってくれていた経緯もあって、

「2人で一生いっしょに納豆を食べようね。僕が大根おろしをおろすから」という言葉になったのだとおもいます。

求婚してくれたこと自体もとてもうれしかったのですが、わたしはこの「2人で一生いっしょに納豆を食べようね」という一言がとっても深みがあっておもしろみがあって自由でかわいくて、なんともそんなあたたかい言葉をくりだせる彼といられることがわたしの幸せなんだなぁとあらためて感じました。

結婚というよりも、もっとわたしをわたしらしく、自由にさせてくれる彼に、何度も生き返らせてくれる彼に、感謝しかありません。

そんなわけで今回はただのノロケ?ご報告?になりますが、あらためて彼とみなさんに感謝を伝えて終わりたいとおもいます。

彼へ

朝おはようって言ってくれてありがとう

毎朝カーテンを開けてくれてありがとう

お米を丁寧にあらって炊いてくれてありがとう

美味しく食べてくれてありがとう

片付けを率先してくれてありがとう

「ゆっくりね」と言ってくれてありがとう

部屋の空気を換気したりしてくれてありがとう

寒くないように布団をかけてくれてありがとう

牛乳をあたためてくれてありがとう

あげたウィスキーを大切に飲んでくれてありがとう

料理や片付けで手が荒れないようにゴム手買ってくれてありがとう

いつもおだやかにうけいれてくれてありがとう

たくさん寝かせてくれてありがとう

寒い日に庭に出たときに日向にイスを持ってきてくれてありがとう

酔っ払いのわたしを世話してくれてありがとう

吐いてしまったやつを綺麗にしてくれてありがとう

沁み渡るスープを作ってくれてありがとう

ごはんを用意してくれてありがとう

便器にまで手を入れてスマホをさがしてくれてありがとう

たくさんハグしてくれてありがとう

ありがとうって返してくれてありがとう

つくった納豆で毎回感動してくれてありがとう

いつも大根とかをすりおろそうとすると代わりにすってくれてありがとう

お仕事がんばってくれてありがとう

生理のときお腹に手を当ててくれてありがとう

鉄分の薬を買ってくれてありがとう

ソファでゴロゴロさせてくれてありがとう

あったかい手でわたしの手を足をあたためてくれてありがとう

のんびりする幸せを教えてくれてありがとう

カジノのゲームアプリで63万当ててくれてありがとう

トイレの便器の掃除スタンプを押してくれてありがとう

水回りを綺麗にしてくれてありがとう

お風呂に入るのを応援してくれてありがとう

洗濯物をいつもいっしょに干してくれてありがとう

ゴミを捨てに行くときにいつも持ってくれてありがとう

買い物で買った重いものをぜんぶ持ったりしてくれてありがとう

果物とか甘いものとか好きなものを買わせてくれてありがとう

風が強い日に外のテントを縄で縛ってくれてありがとう

わたしがなにを言っても笑ってくれてありがとう

手も足もかわいがってくれてありがとう

かけ布団を整頓してくれてありがとう

いつもお茶や水をくんで渡してくれてありがとう

講座のときやカウンセリングのときは集中できるようにサポートしてくれてありがとう

ブログ書いたり作業してるときに終わるまで待っててくれてありがとう

卵を溶いたりパスタを茹でるのを手伝ってくれてありがとう

生ゴミやビンカンをまとめてくれてありがとう

雪が降ったときにサプライズで教えてくれてありがとう

雪の写真を撮ってくれてありがとう

とっちらかった話でも聞いてくれてありがとう

グルジアのことをたくさん調べてくれてありがとう

なんかあっても僕がいるでしょと言ってくれてありがとう

わたしが食べるときにいつもヒザにナプキンを敷いてくれてありがとう

おいしいカレーを作ってくれてありがとう

トイレを急かさないで待っててくれてありがとう(笑)

寝顔までかわいがってくれてありがとう

庭デートに誘ってくれてありがとう

お風呂の排水口の毛を捨ててくれてありがとう

シャワーのお湯が途中で出なくなったときにケトルで沸かしてもってきてくれてありがとう

おいしいオムライスをつくってくれてありがとう

おいしいニラ玉豆腐スープを作ってくれてありがとう

不安なことがあったりイヤなことがあったときに正直にうちあけてくれてありがとう

「昨日酔っ払ってふぁーこさんのブログの拍手いっぱい押しちゃった。なんでこんな少ないんだ!と思ってムカついてきていっぱい押しちゃった。ごめんね。」といいねしてくれてありがとう(笑)

ふぁーこさんと手をつないでるとおちつく、一番幸せって言ってくれてありがとう

ひざまくらしたら「こうやって死にたい」と言って喜んでくれてありがとう

わたしがへんな踊りをしてもいつも乗ってきてくれて、たまに調子のって股間出してきてくれてありがとう(笑)

0から1を創り出してくれてありがとう

だれに対してもやさしく誠実でいてくれてありがとう

ダメなことはダメだと叱ってくれてありがとう

つねに尊重してくれてありがとう

ふぁーこさんは大丈夫だよと信じてくれてありがとう

怖いしイヤだと言っていたことにもわたしと挑戦してくれてありがとう

わたしの好きな匂いを発してくれてありがとう

いき過ぎた下ネタを言うわたしに諭してくれてありがとう

いつも尊敬させてくれてありがとう

既成概念をこわしてくれてありがとう

昔わたしが会社員だったころ出退勤の満員電車の中いっしょに通って支えてくれてありがとう

出会ったころ何度無視されても誘ってくれてありがとう

わたしが喜ぶことをいつも考えてくれてありがとう

ケンカしたときも先にごめんねと言ってくれてありがとう

わたしの家族も大切に考えてくれてありがとう

胸が痛かったときにたくさんの病院を調べて予約してくれてありがとう

誕生日に夢を叶えてくれてありがとう

クッキングパパみたいに頼らせてくれてありがとう

こだわりを守り続けてくれてありがとう

わたしが不安や罪悪感を抱えているときに「もういらないものは捨てなさい。それがあなたを幸せにするの?しないでしょ。どんどんそういうのは捨てなさい」って言ってくれてありがとう

もちもちのふっくらあったかいおなかでいてくれてありがとう

お酒に強くいてくれてありがとう(でも健康的に)

アイドルオーディションを見て毎回泣いてるわたしにティッシュおじさんをしてくれてありがとう(笑)

わたしをおもしろがってくれてありがとう

いつも嘘をつかないでいてくれてありがとう

「〇〇したっていいんだし、〇〇したっていいじゃん」と言って視野を広げてくれてありがとう

あなたにしか紡げない言葉で表現してくれてありがとう

ここでの生活をいっしょに楽しんでくれてありがとう

未来を生きる力を与えてくれてありがとう

地の底までだってむかえにきてくれてありがとう

あなたしかわたしを喜ばせられない言葉でプロポーズしてくれてありがとう

生まれてきてくれてありがとう

出会ってくれてありがとう

こんなにもわたしの愛を大きくしてくれてありがとう

愛するしあわせを教えてくれてありがとう



そしていつも応援してくださるみなさん、メルマガを読んでくださっているみなさん、ブログを見に来てくださるみなさん、お弟子の仲間、家族、親友、わたしと同じこの時代のこの世界に生きてくださるみなさんに、心からお礼をお伝えしたいと言いたいとおもいます。

ほんとうにほんとうに、いつもありがとうございます。

何度言っても足りないくらいだけど、ほんとうにありがとうございます!

12月27日に日本に一時帰国しますので(自己隔離期間により対面でお会いできるのは1月11日以降ですが)、帰国中に会える方はお会いしましょう!

今から、とても楽しみにしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



それではきょうも、チンパンジーがゲームセンターで本気出してきたようないい夢をみましょう~!

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
今日のあなたへの占いはこちら↓


ポチッと占う(無料)



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚