こんばんは!

WhyWhyコーチのふぁーこです!



〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


今日は前回までの

「①いい子ちゃんで頼れない自立系武闘派問題~ドラマ"オヤジぃ。"に学ぶ愛の視点~」

「②ロックマンの罪悪感と生き方~ドラマ"オヤジぃ。"に学ぶ愛の視点~」

に引き続き、神崎家のトラブルメーカーである次女の【すず】を見ていこうとおもいます。

(ドラマ「オヤジぃ。」のあらすじと登場人物はこちら)

IMG_0445


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



神崎家の次女であるすずはいつも明るく活発的ですが、やりたいことが定まらずに言うことがコロコロ変わったり、神崎家のルールを破ったりすぐに感情的になって言い合いをしたりする性格です。

ドラマの中でも一番さいしょにすずが「わたし短大を辞めて結婚する」と言ったことからストーリーがはじまりますが、

「相手とは合コンで知り合った」「付き合って2週間しか経っていない」などの理由から完一に猛反対されたり、

「短大を辞めて彼の海外出向について行く」など破天荒ぶりに結婚への道のりは難航します。

すずは思ったことはなんでもすぐ口ににするタイプで、思ったらすぐ行動するタイプのため、その変化のスピードについていけない人やすずの言ったことを信用できない人は批判的な態度をとります。

例にもれず完一も頑固なのですずには「もうちょっと考えてから行動しろ」「コロコロ言うことが変わるお前のことは信用できるか」などとすずの言動を注意してばかりいます。

しかしすずも負けじと言い返すので、感情型という点では2人は似たもの同士のようです。

そして完一の反対にも負けず博との結婚の予定を進めていく中で、博がなにか隠しごとをしているような雰囲気を完一は察し、すずもそう思うようになります。

なんだかんだ言いつつもすずを心配したり反対する完一をうまく誘導しながら迎えた結婚式、あのマジメな博が連絡もつながらず、何時間も来ないというハプニングが起こります。

結局遅れてきた博と式をはじめることになりましたが、その間で完一はなにかを察したのか新婦入場のときにすずの腕をひっぱって式場から連れて帰ってしまいました。

それがあって博の両親は「顔に泥を塗られた」と激怒、すずも激怒(落胆)しますが、博の隠しごとがはっきりしない状況にモヤモヤし、しばらく博との結婚は様子を見ることに・・・。

そしてそのあと博が隠していたことをすずと双方の両親の前でカミングアウトしたことにより、結婚は破談、短大もそのまま中退することになります。

結局その後はすずの破天荒ぶりでバイトをしてはクビ、新しいバイトしてはクビ、となかなか仕事も続かない状況が続きました。

そこですずは‟やりたいことが見つかるまで帰らない”と弟の正が住み込みで働きに行ったところでこんなふうに気持ちを吐露します。

「あんたこんなところで一生働いてる気?

・・・わかってるよ?だからやりたいこと見つかるまでがんばるんでしょ。
でもそのやりたいことっていうのがさ、見つかる保証なんてどこにもないじゃん。なんか、将来の不安とかそういうのないわけ?

あたしなにやってもうまくいかなくてさ・・・ほら、あたしあんたみたいに堪え性ないし、なんかどんな仕事やってもすぐイヤになっちゃうんだよね。・・・あ~この先あたしはどうなっちゃうんだろ~って。」

すずは本来「リーダー的素質」や「成功」「癒やす」という才能があるのですが、「権威との葛藤」というような、父親や先生、上司、社会など権威者である自立した人とうまくいかない体験やネガティブな感情を持っている分、自分がそっちにいくことに葛藤があり、それもあって才能が隠れてしまっていると見ることができます。

その後も母の名前「ミヤコ」という源氏名をつけてキャバクラで働いたり、大平ゴローの紹介で受けた会社の面接で怒鳴って落ちたり、ねずみ講のようなエステの営業を誘われて100万闇金から借りたり、後先考えずに突っ走るところはなんとも完一そっくりです。

こうしてみると一見すずの性格は飽きっぽくて責任感がなく、自分勝手で冷静さにかけると思うかもしれません。

しかし、最後の最後、すずがみんなに自分の気持ちを告白します。

「あたしさ、ちっちゃいころね、はじめて自転車に乗れたとき、自分はなんでもできるんじゃないかなぁとか思ったの。これから大人になって、素敵なことがいっぱいあるんだろうなぁって思ってた。

なのにさ、今のあたしはさ、みんな知ってるみたいにどうしようもなくてさ、なんの取り柄もなくて・・・

それだけじゃないの。自分勝手で、人の気持ちなんてなんにも考えてなかった。

お母さんはさ、何にも考えないでお父さんの言いなりになってたりとか、みんなの前でニコニコしてたわけじゃなかったんだよね。いつも悩んでた。どうしたらみんなが、おとうさんやわたしたちを幸せにできるかって。

あたしさ、お姉ちゃんは長女で頭もいいからさ、あたしたちの面倒みんのとか心配するのは当たり前だっておもってた。
・・・ごめんね、あたし・・・いつもくだらない愚痴とか聞いてもらうばっかりでさ、お姉ちゃんが辛いときとか苦しいとき、相談にのってあげることもできなかった・・・。

正あたしね、あんたがさ、小さいころからあたしにため口っていうかさ、なんかバカにしたような言い方するの・・・すごいイヤだったんだ。
でもね、最近仕方ないかなぁとかって思うの。あたしはお姉ちゃんとちがってさ、あんたに姉らしいことなにひとつしてこなかったし。

しかもさぁ、あんたもお姉ちゃんもさ、自分の生きる道っていうかさ、やりたいこと見つけてさ、お父さんに反対されてもぜんぜんめげなくってさ・・・でもあたしだけなにもないっていうかさ・・・

あたしね、自分が恥ずかしくって、みんなといるの辛かった・・・。

でもね、今度こそ、自分のやりたいこと見つけたんだ。

お父さん、あたしね、

あたし・・・

あたし医者になりたい。

お父さんみたいな、お医者さんになりたい。

あたしじゃダメかな・・・お父さんの病院継ぐのあたしじゃダメかな。

あぁ・・・こんなこと言っても信じてくれない?やっぱやめたとかまた言うと思ってる?

わたし・・・死ぬ気で勉強するから。それで、絶対医学部受かってみせるから。

おねがいします。お父さんの病院、あたしに継がせてください。

お願いします。

お願いします。」

土下座して、自分の気落ちをすべて家族にぶつけたすずは、そこから医学部へすすみ、完一の跡を継げるよう努力します。

医者である完一の価値を認め、父として尊敬できるところを与えてくれたことも認め、完一のことをより理解して受けいれたことで、すずは権威との葛藤をのりこえて自立的な愛情のリーダーシップをとれるようになったと言えるとおもいます。

また、ここですずのことがよくわかる部分は、

「なのにさ、今のあたしはさ、みんな知ってるみたいにどうしようもなくてさ、なんの取り柄もなくて・・・」

というくらい、彼女の中には「自分なんて価値のない人間だ」という無価値感があったと言えます。

無価値感というのは「自分なんて」「自分は必要のない人間だ」「自分なんかいてもいなくても変わらない」というような、自分の価値や魅力を受けとれていない(認められていない)ときに感じる感情です。

すずにはこの無価値感が多くあった分、「あたしね、自分が恥ずかしくって、みんなといるの辛かった・・・。」という自己嫌悪や無力感もあったことが伺えます。

けれども、そこからすずのすごいところは、

「自分勝手で、人の気持ちなんてなんにも考えてなかった。」

「お姉ちゃんが辛いときとか苦しいとき、相談にのってあげることもできなかった・・・。」

「あたしはお姉ちゃんとちがってさ、あんたに姉らしいことなにひとつしてこなかったし。」

という兄妹や家族への罪悪感も同時に感じているところです。

【長女】の小百合のときも書いたのですが、罪悪感というのは「わたしのせいだ」という、「この人に笑顔にしたい。この人を幸せにしたい」という自分の愛情がうまく表現できなかったり伝えられなかったときに起こるものです。

無価値感がどちらかというと受け身である依存的な感情なのに対して、罪悪感というのは「与えたかったけどうまくいかなかった」という与える側、つまり自立的な感情であるんですね。

だからすずが受け身的な感情の無価値感を持ってそこで立ちどまるのではなく、自分の中にある「もっともっとこうしてあげたらよかった」「こうしてあげたかった」という主体的な愛情を持って進もうとしていることが、またすばらしいなとおもったんですね。

そして、すずのハチャメチャに見える言動のおかげで家族が協力して問題を解決していったことで絆を深め、すずの明るさや突拍子もない言動で家庭に新しい風を吹かせていたことも事実です。

そう思うと、当たり前ではありますが、すずのような問題児(ヒール)と呼ばれる存在も、道化(チャーマー)と呼ばれる存在も、いなくてはならない存在だということです。

まさにすずが持つ「無価値感」の最大の褒め言葉「いるだけで心がはずむ」「いるだけで心が元気になる」「いるだけで心がゆるむ」など、彼女がいるだけで家族は救われているということなのです。

その無価値感をのりこえて、今度は自分がお医者さんとしていろんな人へ命や安らぎを与える側にまわる決意をしたすずは、やはり家族思いであり、まっすぐで愛情深い女性なのだとおもいました。


【続き】→すずの結婚相手でエリート商社マンの【国東 博】についてはこちら




メルマガ登録・解除はこちら!
ぶっちゃけ メルマガ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガッツリお悩み解決したい方はこちら!

ふぁーこと話してトコトンお悩み解決を試みる「カウンセリングメニュー(有料)」はこちら!

ふぁーこのオフィシャルホームページはこちら☆

それではきょうも、次長と課長が融合して大きいキャラメルになったようないい夢をみましょう~!


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
今日の占いはこちら↓

ふぁーこからあなたへ
贈りたい言葉占い


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。