こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうもココロノマルシェからお悩み相談に答えてみたいとおもいます!

ココロノマルシェは、根本裕幸先生のお弟子さんたちがお悩み相談に答える掲示板です。

今後も追ってどんどんみなさまからのご相談を募集しております!

ふぁーこ以外の最強武闘派カウンセラーたちも答えてくれるので、

ぜひ見てみてくださいね!

ココロノマルシェはこちら!



〇〇〇〇〇〇〇〇〇

「いつまで、悩んでくるしまなければならないのか! と情けない次第です」

女性 ジバニャンさんからのお悩み

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

10年も連れ添っている未入籍のパートナーの浮気が去年終息しました。

その後は、平穏に暮らせてますが、私は、いつも、お金のことで頭一杯です。

きちんとお金は入れてくれて、どうしても必要なときは余計に出してくれます。

しかし、以前からの借金とか、住宅ローンなどでスパスパな状態です。

あんなに浮気のことで頭一杯だったのに、戻ってきてほしいと懇願していたのに、それが叶うと なんだか、当たり前のような、嬉しいのだけれども、薔薇色とはならず、

今度はお金のことで苦しみ、いったい、いつまで、悩んでくるしまなければならないのか! と情けない次第です。

これって何かの思考癖なのでしょうか?

楽になりたいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジバニャンさん、はじめまして!

ふぁーこと申します。どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_7587


ジバニャンさんはとっても愛情深い人なんですねぇ。

IMG_7588


そしてご自身で

>これって何かの思考癖なのでしょうか?

と気付けるなんてさすが武闘派ですねぇ。

ここまでがんばってこられたこともすばらしいです!

IMG_7589


ジバニャンさんは、根本裕幸先生の「罪悪感本」をもうお読みになりましたでしょうか?

この本にはジバニャンさんのように「なんでしあわせになれないんだろう」という人の事例や罪悪感の仕業だということが理解できる本になっているのですが、

わたしはジバニャンさんのお悩みを読んだ瞬間、この本に書かれているように、愛情深いからこそ罪悪感を持ちやすく、

そしてずっとその罪悪感を抱えていないといけないと思っていらっしゃるんだなぁとおもったんですね。

罪悪感というのは実に巧妙で、

「わたしはしあわせになってはいけない人間だ」

「わたしは悪い人間だ」

「わたしは罪深い人間だ」

「わたしは許されてはいけない」

「わたしがいけない」

「わたしのせいだ」

というような感情で、その罪悪感を持っているだけ自分をしあわせから遠ざけようとします。

なぜなら、そんな罪深い自分はしあわせになってはいけないからです。

よくわたしたちは無意識のうちに「わたしのせいかも」という意識を持ち、そしてその刷り込まれた罪悪感によって「自分がしあわせにならない現実」をつくりだしたりします。

たとえば

>10年も連れ添っている未入籍のパートナーの浮気が去年終息しました。

>その後は、平穏に暮らせてますが、私は、いつも、お金のことで頭一杯です。

>しかし、以前からの借金とか、住宅ローンなどでスパスパな状態です。


このどれもが、自分にしあわせを与えてあげられない罪悪感という感情が根本にあるのかもしれません。

でも、本当にそうでしょうか?

なぜ、しあわせになりたいと願うのに、しあわせになってはいけないと罪悪感を持っているのでしょうか?

そこを再度探っていくことで、ずっと持っていた「わたしがいけない」「わたしはしあわせになってはいけない」という罪の意識を手放していけるかもしれません。

さて、ジバニャンさんは小さいころから寂しい思いをしてきませんでしたか?もしくは家でも孤独を感じてきませんでしたか?

小さいころから親も「お金」でなんか問題を抱えていませんでしたか?

小さいころから自分がなんとかしないとと思ってがんばっていませんでしたか?

小さいころから誰かに頼るのは苦手でしたか?

たぶん、ジバニャンさんの罪悪感ってひょっこり突然できたというより、

「わたしのせいかな」「わたしがいけないのかも」と思わざる得ないことが昔からあったんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?

IMG_7590


誰かのためになりたかったのに誰かの役に立てなかったとか。

こんなに親がしんどそうにして(悩んで)いるのは自分のせいだとか。

自分が我慢すればいいんだとか。

がんばらないと手に入らない何かがずっとあるとか。

なんか思い当たることがありませんか?

で、大切なのは、それって、誰のためにそうしてきたんでしょうね?

どれだけ、誰かを守りたくて愛し続けたかったんでしょうね?

自分を傷つけても守りたかったのって、誰のことなんでしょうね?

ジバニャンさん、ずっと自分がなんとかしなきゃとか、自分のせいなんだからとか、自分に罪を着せてきたんじゃないでしょうか。

IMG_7591


時には人のせいにするときもあるし、人を攻撃することもあったでしょう。

でもそれも「私が悪い」「私のせいだ」という罪悪感を持っているからこそ、

自分でその感情を処理しきれなくて人のせいにしてしまうだけなんです。

そして人のせいにすることも、自分のせいにすることもまた罪悪感を増やしていくので終わりがないように思えるのですね。

IMG_7592


さあジバニャンさん、自分でしあわせにしないように罪を負わせた昔昔の自分を救ってあげませんか?

ジバニャンさんは、もう充分がんばってきました。

そして、ジバニャンさんとして一生懸命生きてきました。

ジバニャンさんはもう、罪を放り投げて解き放たれていいはずです。

ジバニャンさんの罪は、もう「今」を生きていることで許されているのです。

ジバニャンさんがいることで、喜ぶ人がいます。

ジバニャンさんが生きてくれたことで、助かった人がいます。

ジバニャンさんが生まれてきたことで、愛を知った人がいます。

ジバニャンさんの笑顔がうれしい人がいます。

ジバニャンさんに「ありがとう」と言いたい人がいます。

ジバニャンさんの人生は、愛し、愛され、たのしいこと、うれしいことで満たしていけるのです。

ジバニャンさん、生まれてきてくれてありがとう。

IMG_7593


ジバニャンさんも自分に言ってあげてください。

「わたしはもう充分がんばってきました。

たくさん悩んだり自分を罰してきました。

でももう今日からわたしはしあわせを感じることを自分に許します。

”しあわせになりたい”ではなく、わたしはもうしあわせを持っていて自分で感じることを許します。

がんばってきてくれて、ありがとう。

たくさん守ってきてくれて、ありがとう。

自分以外の誰かのために、必死になってくれてありがとう。

今ここに生きてくれて、ありがとう。

わたしはもうわたしがしあわせでいることを許します。」

これよかったら声に出して言うか、毎日唱えてみてくださいね。

IMG_7594


ちょっと数か月くらいかかるかもしれないですが、

いまわたしたちが「意識」だと認識しているのは「顕在意識」という意識で、

「無意識」などの意識は「潜在意識」と言って自分では意識できない部分にあるので、

その潜在意識に沁みこませるためには数か月必要なので毎日唱えてみてください。

もうジバニャンさんはしあわせになっていい(しあわせを感じていい)と許可を出してあげるのです。

順調にいくと、このあと

・なにもしたくなくなる

・疲れがどっと出る

・今まで平気だったことが我慢できなくなる

・今までよりお金を使うようになる

・気を遣うことがめんどくさくなる

・仕事がイヤになる

といった反動があるかもしれませんが、それは好転反応なのでがんばってきた自分を休ませてあげたり、

重い罪を背負ってきた自分がボロボロで当然ですから、またエネルギーが出るまでは自然に任せてなるべくのんびりできるようにしてくださいね。

そして休む中で「こうすべき」「こうしなければいけない」という責任感を少し手放すことで感情を感じやすくなり、

「しあわせ」についてももっともっと自然に感じていけるかもしれません。

休むことに罪悪感があったら、ふぁーこのところに来てくださいね。

そんな状態で休まないことが罪!と一喝されることでしょう。笑

またわからなくなったりしんどくなったらいつでも来てくださいね。

お待ちしています!

IMG_7595


ふぁーこのカウンセリングを体験!




ココロノマルシェはこちら!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無料お悩み相談も、じゃんじゃん募集中です!

ブログで回答してほしいお悩み、ネタ、ご相談をお待ちしています!(無料)

ガッツリお悩み解決したい方はこちら!

ふぁーこと話してトコトンお悩み解決を試みる「カウンセリングメニュー(有料)」はこちら!


それではきょうも、ピーナッツがピーピー鳴いてヒヨコと行進していたような
いい夢をみましょう~!