こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうはご相談をいただきましたのでお答えしたいとおもいます!


〇〇〇〇〇〇〇〇〇

「彼のこと、自分が女として求められること、生きる楽しみがわかりません」

女性 にゃんこさんからのお悩み

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふぁーこさん。何度かお世話になっているにゃんこです。

実は私今入院しておりまして…。

いろいろ考える時間があり過ぎて、また行き詰まったので相談させて下さい。

例の彼とはあまり状況変わらず、私から連絡すれば返事は来る、という感じです。

友人からは、「こんな状況(入院&手術)をわかっていながら自分から連絡してこないってひどい!」と言われ、

まぁそうだよなー。たいして私のこと大事じゃないんだろうなー。と思い始めています。

わかってるんです。寂しいだけだって。次にまた好きな人が出来たらすぐ上書き保存されるから、別に「彼」に執着してるわけじゃないんです。

「誰か」に、女として扱われたいのです。

でも、いい歳だし、既婚だし、一見プライドも高そうに見えるのでそうそう寄ってくる男の人はいないので、手放すのが怖いんです。

そこで気がついたのが、私はイイ女であること、男性に求められること、にすごい価値を見ているみたいです。

逆に言うと、例えば太ったりして醜くなったらもう人生終わりだと思っているようです。

実際これまで見た目にすごく気を使っていて、今のところその成果は出ていますが、今回の病気でちょっと見た目も変わってしまい、なんかもう生きてる意味ないんじゃ…とさえ思えてきます。

そんなことない、私は存在してるだけで素晴らしいんだ!!と言い聞かせていますが、結局彼も去って行きそうだし、これから何を楽しみに生きていったらいいのかわかりません。

母と癒着ありです。女っぽいのはダメ、男と対等に、自立しなさい、と育てられました。

でも私は普通の女の子だったんですね。それをひた隠しにしてきた結果がこれだと何となく思っています。

彼に対して、もういい!と連絡してぶち壊したい気分もあり、でもそれって、引き止めてほしいという気持ちから出てるんだよなーと思うとそれもできず、苦しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

にゃんこさん、こんにちは!

ご相談ありがとうございます!

IMG_7462


入院&手術&彼氏問題のフルコンボ、よくぞ耐えていらっしゃる・・・!!!

いよっ!さすが武闘派!成田屋!中村屋!頑張り屋!

IMG_7463


というわけで、にゃんこさんのすばらしい成長度をご覧いただきましょう!

>「誰か」に、女として扱われたいのです。

まずここに自分でたどりついたのすごくないですか?

IMG_7464


めちゃめちゃ大事なことですよね。自分が「少女」ではなく、「女」であるということに気付けたということ。

>でも、いい歳だし、既婚だし、一見プライドも高そうに見えるのでそうそう寄ってくる男の人はいないので、手放すのが怖いんです。

怖いと思う気持ちにも、気づいている。

なぜなら自分で自分をどう思っているからかも、ここで書いてくれていますよね?

IMG_7465


一度、それってほんとなの?という自分が思っている自分と周りが思っている自分のギャップを埋める作業をやってみるのもいいかとおもいますよ。

周りの人に、「わたしってどんな人間?いいところってどこ?」って聞いてみるんです。

聞きづらかったら、いま根本先生界隈で人気の「ストレングスファインダー」とか「エゴグラム」という自分のことを知るための診断をしてみるのもおすすめです。

そしてそして、

>そんなことない、私は存在してるだけで素晴らしいんだ!!と言い聞かせていますが、結局彼も去って行きそうだし、これから何を楽しみに生きていったらいいのかわかりません。

おぉー!!!これはすごい成長ですね!

意識では「今」そう実感できなくても、「潜在意識」に少しずつ染み渡らせるように「私は存在しているだけで素晴らしいんだ!!」と唱えること、これは本当に重要なことだとおもいます。

私は生きてるだけで素晴らしいんだ!!の中には、

見た目がボロボロになろうと、

彼に去っていかれようと、

これからなにを楽しみにして生きていったらいいかわからなくなろうと、

その苦しみを持ってさえなお生きてるにゃんこさんのすばらしさがあるわけです。

今を納得できない自分に対して「くるしい」「さみしい」「むかつく」「いやだ」「怖い」と言えるにゃんこさんは

ふぁーこからするととても人間らしく、なによりも美しいとおもいます。

IMG_7466


ほんで、

>そこで気がついたのが、私はイイ女であること、男性に求められること、にすごい価値を見ているみたいです。

気づいちゃいましたね。

たしかにこれ、生きていくうえで知っているととても大切なことだと思うんですね。

「メラビアンの法則」ってご存じですか?

昔アメリカの心理学者が、

”人は初めて会った人に対してどのような回路で印象を持つのか”という実験をしたときに、

「目で見て感じたこと」→55%

「耳で聞こえた音やスピード」→37%

「相手が話した内容(言語)」→7%

というパーセンテージで人は相手に印象を持つことがわかったと発表されました。

だから第一印象は大切だとか、見た目が重要というような言われ方を今でもされますよね。

そして、わたしたちは小さいころから多かれ少なかれ「親の顔色」を見て育ってきているとおもいます。

赤ちゃんのころ、わたしたちは「相手が話した内容」を理解することができませんでした。

だから親の顔色や声のトーン、話し方などで「今どんな状況なんだろう」ということを知ろうとしてきたんだと思うんですね。

IMG_7468


にゃんこさんにもその「見た目が人に印象を与える」と思う出来事やトラウマ級に驚いたことや傷ついたことが何かあったんじゃないでしょうか?

ふぁーこの知っている人には、かなり見た目を気にする見た目主義者の女性がいたのですが、彼女は

「私の記憶がある限りずっと小さいころから、お母さんはお父さんが起きる前に必ずメイクをしてお父さんにスッピンを見せたことなんかないようだった」

と語っていて、それが「スッピンやありのままの自分だと女性として見てもらえない」という観念を作り出して彼女をしばりつけていることがわかりました。

また、ある人は「大好きだったお父さんが姉ばかり可愛がるので、たしかに姉は美人だし、そういう女性でないと男性から可愛がられないと思った」という人もいます。

あの大好きなお父さんが姉の容姿を褒める→姉の容姿は可愛がられる(自分は可愛がられない)→姉のような容姿にならないと男性に女性らしくみられない(可愛がってもらえない)

というきっかけで観念を持った人もいます。

また、にゃんこさんのご家庭でいうと、

>母と癒着ありです。女っぽいのはダメ、男と対等に、自立しなさい、と育てられました。

まったくあんちゃんが女の子に産んだのに無茶言うなよ~っとツッコみたくなると思いますけれども笑、

もしかしたらお母さんが過干渉・支配的ということで小さいころからいろんな「お母さんの観念(価値観)」を植え付けられてるとおもうんですね。

「女っぽいのはダメ。男と対等に」というのも、その一つですよね。

それって、たぶん物心ついてくると「頭」では理解できると思うんです。

「頭」=「思考」ですよね。

だから、理解はできるとおもうんです。お母さんが言ってきた言葉の意味を。

でも、たぶんにゃんこさんの心は、「なんで女のままじゃダメなの」と無意識に感じていたのではないでしょうか。

心=「感情」ですよね。

感情で納得できないと、わたしたちはモヤモヤするわけです。

思考で相手が言っている言葉の内容は理解できるけど、心は納得していない。

「頭」が支配してこようとすることと、「心」がしたいことでせめぎ合うからです。

IMG_7469


そういうわけで、にゃんこさんの心はずっと「わたしを女の子として受け入れてよ」「私は女なんだよ」と言いたかったんだとおもうんですね。

そこから、もしかしたらお母さんに認めてもらえなかった唯一の武器「女」を持って戦っていく、というように「女」を強調し、男性に受け入れてもらうことで

お母さんに「ほら、私女でしょ。女の子でよかったでしょ」と女性としての自分を認めてもらえる自分になろうとしていたのかもしれません。

もしくは、私たち人間は思春期を迎えると自我が芽生えて「人と違う私」「私という人間とは」とか、周りと比較する自分と自分を自分で意識する時期があり、

その中で自分というものを認識し、自分の人との違いを受け入れたり新たな自分を発見したりして大人になっていくプロセスがあるのですが、

自意識過剰(主に自分にしか意識が向いていないこと)や完璧主義というものもこのあたりで出来上がることが多いそうなんですね。

特ににゃんこさん場合はお母さんが過干渉だったりしたこともあって、思春期にもお母さんの期待に応えようとしたりいい子でいたとするなら、

「お母さん軸」で物事を考えざるを得なかったでしょうし、そしてそんなお母さんが「良いと思っている人間(子供)」になれたとしても、

「自分がいいと思う人間」でいられなかった分、自信がなくなったり、自意識過剰になって劣等感やコンプレックスを抱えるようになっても当然なのかなぁとおもうんですね。

そして、思春期のころ「完璧でいれば親から愛情を受けられるのでは」と無意識下に思ったとすると、

それはそれは健気にもわたしたち人間は無意識に完璧になろうとします。

完ぺきになろうとする一部として、容姿というものも大きく関わってくるんですね。

先ほどご説明した通り、メラビアンの法則だけでなく私たちは身を持って外見や第一印象を頼りに過ごしてきた部分がありますし、

外見によってより多くの愛情を受けられるのではないかという意識から、

外見という部分は自分の価値として大きい重要な要素になったはずなんですね。

ただ、その大きく大切にしてきた要素(容姿)を大切にしてきた要因が「怖れ」「不安」という感情からの行動だとすると、私たちはしんどくなっていきます。

これはもうお分かりかと思うのですが、私たちはしんどい思いや楽しくないことというのは続けていくことが難しいのです。

だから今回にゃんこさんが言う通り、

>そこで気がついたのが、私はイイ女であること、男性に求められること、にすごい価値を見ているみたいです。

>逆に言うと、例えば太ったりして醜くなったらもう人生終わりだと思っているようです。

>実際これまで見た目にすごく気を使っていて、今のところその成果は出ていますが、今回の病気でちょっと見た目も変わってしまい、なんかもう生きてる意味ないんじゃ…とさえ思えてきます。


これは「自分が楽しくてやりたいからやっている」というより、

「やらないと何かを失いそうで、自分がどうなってしまうかわからない」という怖れからの行動だったのではないでしょうか?

そうなったのには必ず原因がありますし、それを理解するだけでもとても効果がありますが、

ふぁーことしては、そんな自分も肯定しちゃった上で、もっといろんな意味で素敵な自分になってみませんか?とご提案したいんですね。

だから、まず

>彼に対して、もういい!と連絡してぶち壊したい気分もあり、でもそれって、引き止めてほしいという気持ちから出てるんだよなーと思うとそれもできず、苦しいです。

これに対しての答えとしては、どっちにしてもなんとでもなるので(何とかしたいときはまた聞きに来てくださいね)、好きにしたらいいと思いますよーとお伝えしたいのです。

彼がどうするかは彼の選択であり、彼の問題であり、彼の責任です。

だから引き止めるか引き止めないかも、彼が決めることなのでどうなるかわかりません。

だけど、にゃんこさんが「自分で決めたから」「自分で選んだから」と自分の意思に従って行動してみることは、おおいに大切なことだと思っています。

自分で決めて行った結果が自分の思い通りでなかった時は、また自分を振り返ってみればいいんです。

だって、もうちゃんとにゃんこさんは自分で

>わかってるんです。寂しいだけだって。次にまた好きな人が出来たらすぐ上書き保存されるから、別に「彼」に執着してるわけじゃないんです。

わかってるじゃないですか。

だから、いいんです。

自分がやりたいようにやってみていいんです。

IMG_7470


傷つくのが怖いとか、自分が一人になったらどうしようとか、いろんな怖れがあるとおもいますけど、

それ言ったら私たちの仕事の意味がなくなりますからね笑

最後になんかあったらここに戻ってくればいいんです。

だから好きにやっていいんですよ。

小さいころからお母さんに期待されたり干渉されて期待に応えようとしてきた人は、すごく自分の感情を抑圧してきた人が多いんです。

そして、お母さんの言う通りにはある程度してきたけど、「自分」が望んでいたわけではないので、自己喪失したり、自信がなくなったり、自己否定しやすくなってしまうんです。

それを取り除いていくのは、自己肯定ももちろんですが、少しずつ自分で思ったこと、やってみたいことをやって、「自分で自分の人生を生きる」という経験を得ていくことだと思うんです。

もちろんお母さんを否定するわけじゃありません。

でも、お母さんとの癒着を手放して、一人の人間として「私は私・母は母」という立ち位置で

それぞれがしあわせになると信じて生きていけるよう、自分を成長させてあげる必要があるとおもうんです。

だからにゃんこさんにはまずは自分で「こうしたい」と思ったことをやってみることをお伝えしたいんですね。

そして、その上で「見た目がすべて問題」があるじゃないですか(今名付けました)。

もしくは「見た目によって愛情を受けられないと終わりかも問題」とも言えると思うのですが、

その怖れを手放すために、まずは周りの友達(もしくは好意を持つ人)の素敵だと思うところを20個ずつ思い浮かべてみてください。

できればそれをメモや紙に書き出してみてくださいね。

5人以上友達や知り合いや好意を持つ人が思い浮かばなかったら、尊敬する人やこういう人ってあこがれるなぁと思う人物像でもかまいません。

これ、この下の文章を読む前に今やってみてほしいんです。

できれば、下を読む前にやったほうがいい効果があるとおもうので、ぜひ読まないでまずはやってみてください。

いいですか?

それでは、はい、スタート!


































どうですか?やってみましたでしょうか?

じゃあ、やっていただいた意味なんですけれども、

心理学っていやらしいもので、投影の法則っていうとーってもいやらしい法則があって、

その法則で言うとにゃんこさんがその友達に感じる素敵な部分というのは、

本当は”自分が持っている素敵な部分”ということになるんですね。

IMG_7471


・・・うん、・・・・はい、・・・うんうん・・・・受け取れないですよねぇ、そうですよねぇ。

で、最初はそう言われても受け取れないと思うのですが、類は友を呼ぶ(引き寄せの法則)というのは、

この自分が大切だったり素敵だと思う価値観で引き寄せ合うからできる法則だとおもうんですね。

投影の法則で言うと、「自分で持っていないもの・感じていないものを人に対して感じることはできない」ということなんです。

つまり、誰かに対して感じる魅力というのは自分で持っている要素だから、相手に投影することができるということです。

これ、とっても自分を自分で理解するのに役立ちますよ。

実際わたしたちは自分のことが一番自分でわかっていないものです。

だからこそ、自信をなくしたり、怖れが出てきたりしますよね。

でも、もう一度言いますが誰かに感じた素敵な部分というのは、にゃんこさんが持っている素敵な部分なんです。

だから、それをよく見てみてほしいんです。

誰かに感じた魅力は、「容姿」に関することだけしか書いていなかったですか?

「優しい」とか「頼りがいがある」とか「聞き上手」とか、内面のことも書いていなかったですか?

それこそ、にゃんこさんが受けとれる内面の魅力であり、そこをもっと自信もっていいところだと思うんですね。

「容姿」というのはたしかに変化していきますし、目でみてわかりやすい形で印象を与えるでしょう。

でも、すべての人が容姿だけで人を好きになったり魅力として判断するわけではありません。

「内面」だって目に見えず変化し、その魅力を内面から発揮しているはずです。

外見は慣れてしまうと「飽きる」という現象が起こったりするものですが(美人は三日で飽きる説など)、

「内面」は目に見えない分、神秘性と冒険性と宇宙的広がりがあり、

外見にはない深い心のつながりをもたらしてくれます。(安心感も)

それを人と共有することもとても有意義な楽しいことだとおもいませんか?

自分の内面の魅力に気がつけると、案外外見は気にならなくなっていくものです。

外見で自分と付き合うのではなく、内面でも自分と付き合っていきましょう。





そしてこれ、男性全員に聞いたことがあるわけではないのでふぁーこ調べなのですが、

男性は「食べ物を美味しそうに食べる女性(健康そうな女性)」に惹かれる傾向があるようです。

カウンセラー仲間のはるなカウンセラーもしかり、まりりんカウンセラーもしかり、

「美味しそうに喜びながら食べる女性」もしくは「食べ方が綺麗な女性」は女性から見ても魅力的ではないでしょうか?

食事ってとっても愛情との関わりが深いなぁとここ最近よく思うのです。

だからもしかしたらにゃんこさんも退院したら

「これ食べたい!」とか「こういう料理つくりたい!」とか「このレストラン行きたい!」とか、

それをモチベーションにしながら楽しみにするだけで、いい流れが流れ込んでくるかもしれませんよ。

食べる(健康的に)ということは自分を愛する行為だとふぁーこは思っています。

入院中は好きなように食べれないかもしれないし、医師の判断なくして行動できないかもしれませんが、

退院したら「これあの人と食べに行くぞ!」「こういう美味しいものを自分へのご褒美で食べるぞ!」「ちょっと奮発してあの行ってみたかったところに行ってみよう!」なんていろいろイメージするだけで、

自分を愛するステップとしては大成功です。

そんなワクワクのおすそ分けとして、彼と行けたらいいかもしれないし、もし行けなくても入院中に知り合った新しいイケメン看護師と行けることになるかもしれないし、

はたまたご褒美に行ったレストランで素敵な人に出会うかもしれないし、もしかしたら料理好きのシェフなんかと恋に落ちるかもしれないし、

自分の中にある「恋多き女」としての情熱が巻き起こす人生の大フィーバーを決して切り捨てないでください。

悲しいことや辛いことがあった後には、「それがあって良かったと思えること」が待っているはずなんです。

どうかそれをぐふふ・・・とたのしみにしてくださいね!

ともかく、自分の魅力を外見だけでなく内面からも受け取って早く退院してグルジアに遊びに来てくれることを楽しみにしてます!

またなにかあったらご相談くださいね。

いつでもお待ちしています!

IMG_7472


あ、食べることが好きでテンション上がる姿をイメージしたい方はこちらをお聞きください↓
▶再生「納豆巻きについて」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ガッツリお悩み解決したい方はこちら!

ふぁーこと話してトコトンお悩み解決を試みる「カウンセリングメニュー(有料)」はこちら!


それではきょうも、キッチンペーパーがキチンとしていた
ようないい夢をみましょう~!


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
今日の占いはこちら↓

ふぁーこからあなたへ
贈りたい言葉占い


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚