こんばんは!

WhyWhyカウンセラーのふぁーこです!

きょうもココロノマルシェからお悩み相談に答えてみたいとおもいます!

ココロノマルシェは、根本裕幸先生のお弟子さんたちがお悩み相談に答える掲示板です。

今後も追ってどんどんみなさまからのご相談を募集しております!

ふぁーこ以外の最強武闘派カウンセラーたちも答えてくれるので、

ぜひ見てみてくださいね!

ココロノマルシェはこちら!



○○○○○○○○○○○○○○○

「罪悪感と、自己否定感(私って駄目だわ)て同じですか?」


cafeさん


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


一昨日はありがとうございました。


次々にぎもんが湧いてきて、沢山質問したくなってしまいます。


度々では失礼かなぁと思いつつ、ここに書くだけでも効果が、出るので、書かせていただいちゃいますね。


ネタにするのは全部とは言いません。


どれか 適当なのがありましたら、採用していただければ嬉しいです。


今日の質問は、


根本先生が、この度、罪悪感の本を出されましたが、私も予約中ですが、その、罪悪感と、自己否定感(私って駄目だわ)て同じですか?


自分がよく陥ってしまうのが、罪悪感というより、自分なんて駄目だ駄目だという感じなので

否定と言う感情と言ったほうが、なんだかしっくり来ますが、どうなのかな?と思いました。


昨日また、夫のことで、愛されない私、みたいになり、どーんと落ち込みました。

否定してるのかなんなのかもわかりません。


とにかく物凄く苦しくなります。

結婚して6年ですが、そのことで幾度となく鬱になり、体を、壊したことか。


旦那はとても優しいです。普段は大好きです。うまく行ってます。

でもその夫の欠点は、弱いということです。


つまり、自分が、可愛いあまり、自分が、けしてどろをかぶりたくないというか、

自分の責任をすっと私や誰かのせいになすりつけて、時に、自分のしたことをかくし、

嘘ついて他の誰かのせいにしたりします。肝心なことが弱さ故に言えない人です。


結婚前に、かれの実家の家の名義が彼名義になっていたことを私には報せずに、

結婚したらすぐ家を買いたいと言っていましたが、2つもローンを組めるほどの収入はありません。


そういう大事なことを黙ってます。


相談にのるよと、気さくな知り合いの弁護士さんがいて夫にそのことを伝えても、1年たっても、相談できません。


業を煮やして、私が怒って催促してようやく相談できました。


義母とのが、誤解して、お前 〇〇(私)さんに 後で責められちゃうかもねー可愛そう

と言っているのを聞いても、旦那の意志でお母さんに言っているので、

「俺の意志で言ってるから〇〇は関係ない」とか言えません。


黙ってます。


昨年義兄に夫が、あることの理由を私のせいにして話してしまいました。


私はそれはひどいきちんと 義兄に ほんとのこと話してと泣く泣く言ったら、

約束すると言って、私は催促しなくてもちゃんと言ってくれるのを信じて待っていましたが

半年たってしまい痺れを切らし昨日催促したのです。


一応言えばしぶしぶなんとか言い訳言いながらも 言おうとします。


でももう少し私のために、いいずらいことも、勇気を、出してがんばるとか無いのですかね?


私の両親も同じところがあります。

自分が可愛いその次に子どもの人でした。なんで私の周りはそういう人たちばかりなの?


でも最近根本先生のおかげで少しだけ、私は私旦那は旦那と切り離して、考えることもできて、少しはましになりました。


たまたま、そういう人を私は選んでしまっただけ、

子どももいないし、離婚して、自分づくりして、また新たな出会いを求めようかなとかも思います。


もう夫のことは愛せません。


でもやはり、今現在、無気力です。歯医者にいくのも、億劫です。


やはり、なかなか受け入れられない部分もあります。こころのマルシェの皆さん、私幸せになりたい。


これって罪悪感なのかな?自己否定感からくるもの?劣等感?


よろしくお願い致します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

cafeさん、はじめまして~!

ふぁーこと申します。どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_5763


いや~ふぁーこがcafeさんの立場だったらとっくに旦那の首根っこつかまえてブン投げてますけど、

よくここまで耐えてきましたよね~。

IMG_5764


ほんとにすごいです。

とってもガマン強く、愛情深いなぁとおもいます。

まずはそんなcafeさんに「よく耐え抜いたで賞」の表彰状をお渡ししますね!

IMG_5765


ほんとちょっとガマンしすぎて相当気持ちのほうもマヒしてきてしまってそうなので、

あったかいお風呂に入ったりマッサージをしてもらったり、

身体がリラックスする匂いを嗅いだりしてまずは五感から気持ちを回復させてみてほしいなぁとおもいます。

さて、なんでcafeさんがそんな旦那さんのことをガマンできたかというのはまた後ほどお話しますが、

まずは自己否定と罪悪感のお話ですね。

これはふぁーこが勝手に捉えているものですので、正確かどうかはさておいて、

自己否定感というのはcafeさんがおっしゃるとおり

「私なんてダメだダメだ」と自分を否定することですよね。

IMG_5766


自分を否定することを表しているので、

「わたしなんて」

「今のままじゃダメだ」

「昔から下手」

「うまくいかない」

「なんでこんなこともできないんだ」

とか、ありのままの(現状の)自分を否定することかと思います。

一方、自己肯定感は

「まぁ、今はダメでもしゃーないよね、私は私だし~」と思えることが肯定かと思います。

IMG_5767


「わたしなんて」→「それもわたし」

「今のままじゃダメだ」→「今はこれがわたしだもんね」

「昔から下手」→「下手でも死なないからいいよね」

「うまくいかない」→「うまくいかないのも私の一部」

「なんでこんなこともできないんだ」→「私には私のペースがあるしできるようになりたい気持ちがエライよね」

みたいな感じで肯定できると、少しラクになっていくんではないかと思います。

罪悪感というのは

「私は罰せられるべき存在だ」

「私は罪深い存在だ」

「私はしあわせになってはいけない存在だ」

「私は許されてはいけない存在だ」

と自分に対して思う(無意識にでも)罪の気持ちですね。

IMG_5768


「申し訳ないな」

「ごめんなさい」

「許してください」

というわかりやすい言葉がありますが、この言葉は罪悪感からきているんですね。

また、自己否定の奥に「罪悪感」があることも多いかなぁとおもいます。

たとえば、

「わたしなんてダメだ」(自己否定)

「なんでダメなの?」

「わたしはダメな人間だから」(自己否定)

「なんでダメな人間だと思うの?」

「みんなができていることをできないし家族のことも幸せにしてあげられない」(自己否定)

「みんなができていることをできなくて家族を幸せにしてあげられないと思うのはどうして?」

「みんなより劣っていて家族のことを悲しませてばかりいる自分なんてなんの価値もないから」(無価値感)

「どうしてそう思うの?」

「劣っていると役にたてないし助けられない。」

「役にたてないし助けられないときどんな気持ちになるの?」

「家族や大切な人に悲しい思いやイヤな思いをさせて申し訳ないと思う」(罪悪感)

みたいな感じで、自己否定の奥には無価値感や罪悪感があることが多いかとおもいます。

でも私たちカウンセラーでもここまで一人で掘り下げることがなかなか難しかったりするので

カウンセラーさんに手伝ってもらってようやく自分が根っこに「罪悪感」をもっていたことや、

「罪悪感」ができたもともとのきっかけを思い出したりすることもあります。

そういうわけで、

cafeさんの旦那さんとの問題について少し気になるところは、

>旦那はとても優しいです。普段は大好きです。うまく行ってます。


でもその夫の欠点は、弱いということです。


でももう少し私のために、いいずらいことも、勇気を、出してがんばるとか無いのですかね?


私の両親も同じところがあります。

自分が可愛いその次に子どもの人でした。


ここなんですけれども、

cafeさんのお悩みは旦那さんへのように思えますが、

ふぁーこにはなぜか

「ほんとうは大好きだけど・・・お母さんとお父さん、私を一番に見てよ!もう少し私のために、がんばるとか無いの?」

IMG_5769


というcafeさんの小さいころから思ってきた「怒り」「さみしさ」「悲しさ」「むなしさ」「やるせなさ」

のような気持ちがあるように思えたのです。

そして、小さかったcafeさんの心のどこかでは

「お母さんお父さんが私を一番に見てくれないのは私が悪い子だから」

「私みたいな子はがんばってもらえないんだ」

「私が一番に見てもらえないのは私が可愛くないからだ」

という自分を責める気持ちでいたのかもしれませんね。

IMG_5770


「ずっとずっと大好きでいたのに、見てもらえなかった(一番に大切にしてもらえなかった)」

と思う気持ちはものすごく傷つきます。

大人の今でさえ失恋や別れで大騒ぎするくらいですから、子どもの心にはもっとダイレクトに傷ができたりします。

その傷をうまく怒りや悲しみとして表せたりするといいのですが、

小さいころは言葉数も少ないし自分の気持ちの理解もこんなにうまくできませんから、

溜めに溜めて自分を責め続けることも少なくないとおもうんですね。

まさにcafeさんがもっているのはそんな気持ちなのかもしれませんね。

だから小さいころから自分を責め続けてきたとしたら、

相当怒りが溜まっていると思うんですね。

怒りだけでなく罪悪感もあるでしょうし、無価値感もあるかもしれません。

そんなcafeさんにおすすめしたいのは、

お風呂に入ってゆっくりしているときなどに、

目をつぶって小さい頃の自分を思い返して

「だいすき」

ってつぶやいてみることです。

IMG_5771


少なくとも10回は言ってみてほしいとおもいます。

1日目はなんにも変化が起きないかもしれないし、

2日目もなにもかわらないかもしれません。

3日、4日、5日、6日、7日・・・

なんのためにやってんの?これ意味あるの?こんな気分じゃないし。

そんな気持ちになるかもしれませんが、

「だいすき」

ただこれだけを小さい頃の自分に言ってあげてください。

おそらく傷が大きければ大きいほど、小さいころの自分に届くのは日にちが必要かもしれませんが、

「だいすき」って言葉で自分が変われるならお得だとおもいませんか?

すぐにとは言いませんがやってみると何か自分の中で変化は起きます。

だからぜひやってみてほしいなぁとおもいます。

そしてなにより、

>こころのマルシェの皆さん、私幸せになりたい。


こうご自身で言ってくれたことでcafeさんの人生は今からしあわせに向かっていくとおもいます。

「しあわせ」を感じたい、こう思える心があれば必ず「しあわせ」を感じることもできます。

ぜひまたいつでもきてくださいね。

お待ちしています!

IMG_5772


ふぁーこのカウンセリングを体験!



ココロノマルシェはこちら!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


無料お悩み相談も、じゃんじゃん募集中です!

ブログで回答してほしいお悩み、ネタ、ご相談をお待ちしています!(無料)

ガッツリお悩み解決したい方はこちら!

ふぁーこと会ってトコトンお悩み解決を試みる「対面カウンセリングメニュー(有料)」はこちら!



それではきょうも、チケットが和紙だったようないい夢をみましょう~!